つまりの水のトラブル予防のために必要なこと

キッチンや浴室、トイレなどの水回りで起こる水のトラブルで共通するのが水のつまりです。つまりは起こりやすいものですが、つまりが起こらないために日ごろから行っておきたいことがあります。急につまって使えなくなる事態を予防するために必要なことです。

■異物を流さないように気を付ける

キッチンや浴室の排水口の中には異物が流れやすいといえます。キッチンでは小さな食品が流れやすいですが、排水口にネットを張るなどして、小さな食品が万が一流れた時のために対処することが大切です。また浴室の排水口は髪が流れやすいものです。そのため、排水口の上部は頻繁に掃除をするようにしましょう。トイレについては、一度に多くのトイレットペーパーなどを流さないようにすることが大切です。




■定期的にメンテナンスを行う

キッチンや浴室、トイレなどは使っていると急につまりが起こることがあります。この水のトラブルを回避するためには、定期的にメンテナンスを行うことが大切です。つまりが起こっていないからといって特に気を付けていないと急につまってしまうことがあります。メンテナンスを定期的に行えば、快適に使用することができます。メンテナンスは水のトラブルの際にトイレの交換や修理を行う業者に依頼をすれば、自宅に訪問をし、メンテナンスを行ってくれます。




■まとめ
排水口は工夫をすることでつまってしまうことを予防することができます。それでもいずれはつまってしまうこともあり得ます。そんな事態を回避するためにも、きちんとメンテナンスを行い、常に安心して使用できる状態にしておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ