トイレは水のトラブルの自己チェックが大切

家の中でも一番頻繁に使用するのがトイレです。家族全員が頻繁に使用する場所だけに、水のトラブルが起こってしまうと生活に支障が出てしまいます。そのため、日ごろから自己チェックを欠かさず行い、不具合や水のトラブルが起きていないか調べることが大切です。

■トイレの見えにくい部分は要チェック

トイレの自己チェックをする際には、特に見えない部分を重点的に調べる必要があります。中でもトイレタンクは見えにくい部分があるため、定期的に全体を目視で確認することが大切です。トイレタンクは水漏れを起こすことが多く、水漏れが起こるとトイレタンクの表面が濡れていたり、症状が重い場合には水が下に落ちていることもあります。なかなか間近で見ないとわからないことが多いです。




■トイレの便器の裏側も要注意

トイレの便器の中でも洋式タイプはなかなか日ごろから裏の見えない部分をチェックすることがないものです。そのため、水のトラブルが起こっているかどうか気づかないものです。しかしこの部分も定期的に自己チェックし、症状がないかどうか調べることが大切です。トイレの便器の裏も水漏れを起こすことがあります。便器や床が濡れているような状態だと水漏れの恐れがあります。
ウォシュレット機能を使用している場合はウォシュレット 水漏れしていないかチェックすることが求められます。




■まとめ
トイレの中の普段見えない部分は意識しないと、トラブルが起こっていても気づかないままになってしまいます。そのため、意識的に自己チェックを行い、修理が必要な個所はないか調べることが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ